GoogleスプレッドシートのURLを他の人に共有する方法

GoogleスプレッドシートのURLを他の人に共有する方法
GoogleスプレッドシートをURLで他の人に共有したい!

 

Googleスプレッドシートは、共有機能を利用することで、複数ユーザーでファイルを共有してファイルを編集することが出来ます。

 

本記事では、GoogleスプレッドシートのURLを他の人に共有して、ファイルを一緒に参照、操作する方法をご紹介します。

 

Googleスプレッドシートを他の人に共有したい方は、覚えておきましょう。

 

Advertisement

 

GoogleスプレッドシートのURLを他の人に共有する方法

GoogleスプレッドシートのURLを他の人に共有して、一緒に操作するためには、以下の三つの操作を実施する必要があります。

  1. URLでGoogleスプレッドシートにアクセスしてきたユーザーのアクセス権を設定する
  2. GoogleスプレッドシートのURLにインターネットからアクセス可能にする
  3. GoogleスプレッドシートのURLを共有する

URLでGoogleスプレッドシート にアクセスしてきたユーザーのアクセス権を設定する

Googleスプレッドシートの共有に関する設定は、Googleスプレッドシート画面右上の『共有』ボタンから行います。

 

URLでGoogleスプレッドシートにアクセスしてきたユーザーのアクセス権は、リンクを取得の『リンクを知っている全員に変更』クリックし、

 

表示される右側のプルダウンから設定できます。

 

設定可能な権限とその内容は、下記のとおりです。

権限 権限の内容
閲覧者 ファイルの編集は出来ないが、参照、ダウンロードが可能。
閲覧者(コメント可) 閲覧者の権限に加えて、コメントも可能。
編集者 ファイルやシートの削除以外の操作を基本的に実施可能。

 

GoogleスプレッドシートのURLにインターネットからアクセス可能にする

GoogleスプレッドシートのURLをインターネットからアクセス可能にするためには、『リンクを取得』のポップアップにて、左下のプルダウンから『リンクを知っている全員』を選択し、

 

『完了』ボタンをクリックすれば、GoogleスプレッドシートのURLをインターネットからアクセス可能になります。

 

GoogleスプレッドシートのURLを共有する

Googleスプレッドシートのアクセス権や共有に関する設定が完了したら、あとはそのGoogleスプレッドシートのURLを共有するだけです。

 

GoogleスプレッドシートのURLは、Googleスプレッドシート画面右上の『共有』ボタンから、

 

『リンクをコピー』をクリックすることで、GoogleスプレッドシートのURLを取得することが出来ます。

あとは、このURLをGoogleスプレッドシートを共有したいユーザーに連携することで、Googleスプレッドシートを共有して操作することが出来ます。

 

Advertisement

 

GoogleスプレッドシートのURLを他の人に共有する方法まとめ

本記事では、GoogleスプレッドシートのURLを他の人に共有して、一緒にGoogleスプレッドシートを操作する方法をご紹介しました。

Googleスプレッドシートの共有機能は、非常に便利な機能です。

Googleスプレッドシーを複数人で操作したい場合は、マスターしておきましょう。

 

本サイトでは、本記事の他にもGoogleスプレッドシートに関する便利知識、作業を効率化するテクニックをご紹介しています。

以下にGoogleスプレッドシート関連の記事をまとめておりますので、Googleスプレッドシートの作業効率化に興味のある方は、合わせて参照ください。

ITカテゴリの最新記事