スプレッドシートのゴミ箱ってどこ?削除したファイルを復元する方法

スプレッドシートのゴミ箱ってどこ?削除したファイルを復元する方法
削除してしまったGoogleスプレッドシートのファイルを復元したい!
スプレッドシートのゴミ箱はどこにあるの?

 

Googleスプレッドシートのファイルを誤って削除してしまうこと、ありますよね。

 

誤って削除してしまったGoogleスプレッドシートのファイルを復元しようにも、ゴミ箱が見当たらずどこから復元できるのかわからないという状況に陥る方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、Googleスプレッドシートのファイルのゴミ箱の場所やゴミ箱から削除したGoogleスプレッドシートのファイルを復元する方法をご紹介します。

 

Googleスプレッドシートを頻繁に利用される方には、必見の知識です。

 

Advertisement

 

Googleスプレッドシートのゴミ箱ってどこにある?

早速ですが、本題です。

 

削除したGoogleスプレッドシートのは、Googleドライブ上ゴミ箱に格納されます。

Googleスプレッドシートのトップページからすぐにアクセスできないため、若干分かりづらい場所ですね。

 

実際にGoogleスプレッドシートを削除するところから、ファイルの行き先を追っていきましょう。

 

Googleスプレッドシートを削除してゴミ箱に格納する

今回は、以下の課題管理表のGoogleスプレッドシートを削除します。

 

このGoogleスプレッドシートを削除し、ゴミ箱に格納します。

 

Googleドライブのゴミ箱にアクセスして、削除したGoogleスプレッドシートがGoogleドライブのゴミ箱に格納されているか確認してみましょう。

Googleドライブのゴミ箱には、Googleドライブのトップページから、『ゴミ箱』を選択することでアクセスできます。

 

確かに、削除した課題管理表GoogleスプレッドシートがGoogleドライブ上のゴミ箱に格納されていることが分かります。

 

Advertisement

 

ゴミ箱から削除したGoogleスプレッドシートを復元する方法

Googleドライブのゴミ箱に格納されたGoogleスプレッドシートは、削除してから30日間の間であれば、復元することができます。

 

先程削除した、課題管理表のGoogleスプレッドシートを実際に復元してみましょう。

 

Googleドライブのゴミ箱からのGoogleスプレッドシートの復元はシンプルです。

ゴミ箱箱上の削除した課題管理表のGoogleスプレッドシートを右クリックし、復元を選択することで、ファイルの復元は完了します。

 

実際に、Googleスプレッドシートの画面にて確認すると、下記の通り、削除した課題管理表のGoogleスプレッドシートが復元されていることが確認できます。

 

Advertisement

 

ゴミ箱からGoogleスプレッドシートを完全に削除する方法

削除したGoogleスプレッドシートのファイルが完全に不要な場合、Googleドライブのゴミ箱からも削除することができます。

 

Googleドライブのゴミ箱上からも、Googleスプレッドシートを削除する場合は、ゴミ箱箱上の削除した課題管理表のGoogleスプレッドシートを右クリックし、『完全に削除』をクリックしてください。

 

これにより、Googleドライブ上のゴミ箱からも完全にGoogleスプレッドシートを削除することができます。

 

Advertisement

 

Googleスプレッドシートのゴミ箱の場所と復元方法のまとめ

本記事では、削除したGoogleスプレッドシートが格納されるゴミ箱の場所と削除したGoogleスプレッドシートの復元方法をご紹介しました。

誤ってGoogleスプレッドシートを削除してしまうことは稀にあります。

頻繁にGoogleスプレッドシートを利用される方は、覚えておいて損のない知識かと思います。

ITカテゴリの最新記事