GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳を利用する関数

GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳を利用する関数
Googleスプレッドシートで英語等の翻訳機能を利用したい!
Google翻訳を利用できたりしないのかな。

 

英語から日本語などの翻訳をGoogleスプレッドシートで出来たら便利だなと思ったことはないでしょうか。

実は、Googleスプレッドシートには、Google翻訳の機能を利用できる関数があります。

 

本記事では、GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳の機能を利用する方法をご紹介します。

 

Googleスプレッドシートで英語から日本語等の翻訳をしたい方には、必見のテクニックになります。

 

Advertisement

 

GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳を利用する関数

GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳の機能を利用する関数は、GOOGLETRANSLATE関数です。

 

使い方はシンプルで、下記のように記述します。

=GOOGLETRANSLATE(テキスト, ソース言語の言語コード, ターゲット言語の言語コード)

 

GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳を利用するGOOGLETRANSLATE関数の使い方

実際に、GOOGLETRANSLATE関数を使って、Googleスプレッドシートで翻訳機能を利用した例が下記になります。

 

上記の例では、日本語の各フレーズをGoogle翻訳で英語、中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語に翻訳しています。

GOOGLETRANSLATE関数の使い方は、非常にシンプルで、ソース言語とターゲット言語の言語コードを指定するだけです。

 

代表的な言語の言語コードは下記になります。

下記以外の言語を翻訳する際には、コチラで言語コードを参照ください。

  • 日本語:ja
  • 英語:en
  • 中国語:zh
  • 韓国語:ko
  • フランス語:fr
  • ドイツ語:de
  • スペイン語:es

 

Advertisement

 

GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳を利用する方法まとめ

本記事では、GoogleスプレッドシートでGoogle翻訳を利用する方法についてご紹介しました。

Googleスプレッドシートで英語を扱う際には、非常に便利な機能になります。

Googleスプレッドシート英語を扱う頻度の高い方は、マスターしておきましょう。

 

本サイトでは、本記事の他にもGoogleスプレッドシートに関する便利知識、作業を効率化するテクニックをご紹介しています。

以下にGoogleスプレッドシート関連の記事をまとめておりますので、Googleスプレッドシートの作業効率化に興味のある方は、合わせて参照ください。

ITカテゴリの最新記事